NEWS

マダガスカル産水晶

これは〇〇に見えるなあ

今日お客様が20年ぶりにフックピアスを買いにわざわざ千葉から来てくれたんだ。千葉の近況が聞きたくて質問しちゃったけれど、酷いところは復興がおくれているそう。その方はキッチンカーで方々にカレーを販売しているとのことで、被災された後、炊き出しなどしていたと教えてくれました。それなのにそんな大変な時にもインスタグラムを見て、又ピアスが着けたくなったよとおっしゃってくれるお客様は本当に神様だ。
とても自分ちっぽけに感じた~(´;ω;`)
でもあるじゃんの太陽をお守りにしてくれるんだ!
と思えば少しは力になれてるんじゃないか?と、かなりおめでたいように解釈しちゃったりている今日この頃の私でした。


​マダガスカル産のジラソールクウォーツ先日ミネラルフェアで綺麗だ!と思ってボスが作ったネックレス。
​水まんじゅうみたいでさわやかな印象です

(´∀`)

お久しぶりすぎる

更新してなかった^^;

わあ~!どんだけ更新してなかったのでしょう。。。(;´∀`)
恥ずかしながら帰ってまいりました!

夏の終わりから新作をしこしこ。

息子の学校見学とか娘の大学受験とか。。。同時に受験っ子がおりますと

こんなに気持ちが忙しくなるもんなんでしょうか?ただの心配性だからなのでしょうか?

どうやって仕事脳領域を生み出せばいいんじゃい?

と切り替えの不器用な人間には課題になりました。
今ファッションはストリート系から、クラシックに戻ろうとしている風潮が見られるので、

シルバーアクセサリーも変化を見せつつあります。

男性もシャツやベルトを着るようになり、七三分けのお兄ちゃんがオサレに見えます。

私も男だったらなあ~!と、うらやましくなるような男の色気の時代はもう来ております。

それにそぐうアクセサリー作ってまいりますね~(∩´∀`)∩

おかげさまで50周年は平穏無事に過ごせそうです。

あと1か月とちょっとでクリスマス?!

え?!

お正月とか始まりますね。

​さあ、おいしいもん食べたいし頑張りましょか。

夏休みいがったなあ~!!

北海道に行ってきました

今年はお盆休みをずらしまして、8月25日㈰~29日㈭の間北海道に行ってきました。

ラフティング、フロートレイル、ボルダリング、アスレチック、釣り、気球・・・

恐ろしいほどの詰め込みで遊びました。普段息子と命一杯遊んでやれないので、筋肉痛も恐れず徹底的に付き合いました。

「私って、毛穴から汗出るんだ。」「筋肉ついてるんだ。」「こんな風に足広がるんだ。」

と発見がいっぱい。

一年のほとんどは体を使って動いてないので、肉体はちゃんと機能するのか本当に不安でしたが、何とか大丈夫だったようです。休みの日はゴロゴロしないで動くことが心身ともに健康なんだな~と”今”知った次第でございます。
インドアもほどほどにしないといけないな、、、

 

東京はアフリカなのか?

動物よりもタフなのか?

毎日蜃気楼が立ち上っておりますが、皆様お元気でしょうか。

先日渋谷を歩いておりましたら、映画ライオンキングの音楽が流れてきまして、
一瞬ですが、渋谷がアフリカに感じました。

渋谷の路地裏はクーラーのファンや、厨房のドアからこぼれ出す熱風を感じ体感温度は40度かな。
アフリカの大地はさぞ熱いのでしょうねとグーグルで気温を調べたところ、、、最高でも29度ではないですか。
我々はソロソロ「ガラベーヤ」(*男性のアラブ服)が流行るのではないでしょうか。。
異常気象は人間のせいかもしれないし、宇宙の摂理なのかもしれないし、だからって誰のせいにもしないようにしましょう。誰かのせいにしたって、脳みそが回転してカッカするだけです。
でも、人間として散らかしたら片づけたり、もったいないなーと思うことをやめていけばいいんだよ。

あるじゃん一同貝のように静かに過ごしております。

 

全国の外働きの皆様、くれぐれも体調には気を付けてお過ごしください。

お盆期間は木曜日以外休まず営業しております。

是非遊びに来てくださいね
 

太陽の光が恋しいなあ

梅雨はいつ開けるので?

なかなかスッキリしない7月です🐌

こんな季節はあるじゃんのアクセサリー達もくもってしまって、
手が空けばピカールで磨く✨を繰り返しています。

皆様のアクセサリー達💍はいかがでしょうか?

油断するとまっ茶色になってしまいますのでお気をつけを⚠
Σ(゚Д゚)

家のアクセサリー手に負えないんですっ!😭
と言うお客様、
ご来店下さいましたらクリーニング1点800円でピカピカにして差し上げます。

ご遠方のお客様、送料ご負担いただけましたら承りますぞ
<(`・ω・´)✌✨
綺麗にして晴天のもとお出かけ致しましょう
🌈☀✨🌂😆

やっとです出来ました

お待たせしすぎました

この度、祐天寺工房あるじゃんは50周年を迎えます。

お客様のご支援があったからこそ、こうして50周年を迎えることができました。

感謝の気持ちでいっぱいです。
つきましては、新しい企画をご用意いたしました!

お日様が半分顔を出した『HALF OF CENTRY』
やっと50年もうすぐ100年という意味ですね。
これからもお客様へ幸せをご提供し続けられるように努力して参りますので、

変わらぬお付き合いをよろしくお願いします。

ずっとTシャツのことを考えておりましたが、やっとやっと完成しました。

動画を作ったり、タグを縫い付けたり本当に本業を忘れちゃってました。これは本当に良くない(笑)

でもきっと50周年何にもやらずに通り越してしまったら絶対後悔するにきまってると思い、

決行したわけなのです。もうほぼ私のぐいぐいの企画でした。

そして周りをたくさん巻き込んでのお仕事でした。

Tシャツ作りは​いろいろ学ぶこともあり、結果やってよかったです。


おすすめはですね、、白Tですw

シルクスクリーンのベテランのお方に

『黒生地には白インク絶対油性にしたほうがいいよ。』

と販売間際で聞かされ、

「ああ、そうなのか、、、。

だから少し薄くなってしまっているのね。。。」と

最大のオチがありました。

でもね、売っちゃいますの。

三人で力を合わせて産卵した子供のようなTシャツなのでね。

インクのカスレはあんまり主張しない控えめな子供ということで、可愛く見えてしまうのです。

なので、ぜひ黒Tもよろしくお願いいたします(〃▽〃)

また今度は気の強い白インク(油性)ちゃんも子作りしてみたいと思います!!
 

50TH記念Tシャツ作っている

シルクスクリーンにはまっている

あるじゃん一同ゴールデンウイーク頃からTシャツ祭りが始まりました。

皆、中腰でスキージ※1でやるものですから、

次の日ぎっくり腰の前兆のような感覚になり、1日刷っては1日休むというローテーションで

ゆっくり刷り上げております。

1年前のTシャツに比べインクののせ方、刷き方が上達しています。

フフン( ´,_ゝ`)

本業を忘るべからず、、、新作も作らないといけないのに5月は服屋さんです

(∩´∀`)∩👕

記念Tシャツ出来上がりましたら今度はモデル探しです(*´艸`*)📷

※1(ゴムのへらでインクを刷るときの道具)

とてもビジー状態

休み明けは張り切って

春休みも明けて新作を考え始めていると、遠方からのお客様が沢山訪ねてきてくださいました。

桜も散ってしまいましたね~。家は目黒川の近くなのですが、橋の上に人が集まりすぎて、橋が落っこちやしないかひやひやしてました。目黒川もいいのですが、意外と近所の寺とか公園の桜でも和ませてくれるもんです。

皆様、どんなお花見が出来ましたか?

最近、祐天寺が都市計画であか抜けてきていて、街ゆく人の中に海外の方々が良く見られるようになりました。

先日も、アリゾナ、テキサス、メキシコ、、、。はい!英語できませーん!( ´艸`)

あるじゃん一家も先日からスピードラーニングを始めたとかしないとか。

我々もせめてアクセサリーの説明や、胸の内をペラペ~ラと伝えたいものです。

オリンピックに向けて皆様、頑張っちゃいましょう。

桜も散って、どんどん暑くなるのでしょうが、アルジャンは一定の温度で頑張ってまいります。

ゴールデンウィーク、是非遊びに来てください!10連休まったりと営業しておりますよ

(*´▽`*)

あるじゃん春休み

3月26日㈫~3月30日㈯

お店のディスプレイ、壁のペンキ塗り、色々終わりまして、小休止します(^^)/

桜も咲きだしたからお花見でも行こう。
皆様、花粉症が吹き荒れて目が数字の3のようになってらっしゃる方をよく見ます。

夜も眠れない方も本当にお気の毒ですが、キノコ、ビフィズス菌、納豆、繊維のものをたくさん取って、

元気になっていただけたらと思います(*´ω`)

​また3月31日からバリっと頑張りますね~!

コラム

子供と街

あるじゃんが祐天寺に越してくる前は
原宿(今でいうと原宿のノースフェイスのあたり)
のビルの地下で父と母はもの作りをしていました。

私が小さい時はこのビルの真裏にある保育園に預けられ、お迎え時間が来てるというのに親は忘れるぐらい働いていた。

夏になれば原宿の民家を練り歩く山車を引き、神輿を担ぎ、10坪もない保育園庭のプールで遊び、焼き芋を食べた。キャットストリートには駄菓子屋さんがあって、あんこ餅を食べまくった。ほんと平和。

80年代。若者が竹下通りに集まり、オリンピアの坂を上れば竹の子族、ローラー族、インディーズバンドが爆音を競っていた。私は父が連れて行ってくれる猿回しが大好きで、かき氷を食べながら『反省』をしている猿に大笑いをしていた。

代々木公園前にごった返していたお兄ちゃんお姉ちゃんは色とりどりで、テーマパークの様な作られた世界ではない、まさに「なま」を見ることが出来た。
あの時代の若者達と言うのは、「詰め込み教育」世代と言われていて、大人たちの杓子定規教育。
アレ駄目コレ駄目の叩き込みは必ず反比例して豊かな想像力、理想が膨れ上がるものだ。
そんな反骨精神ガスでいっぱいの若者たちが団結するのは自然の流れ。
そのガスのメッカでは、同じ旗を振る者同士が世界観を広げていたわけだ。

そんな事情も良く分からない「ゆとり世代の」の子供たちはキャットストリートで鬼ごっこをしたり、キディーランドに行ってはオモチャを買うわけでもなく店員の苦虫の標的になっていた。
今も昔も公園なんて代々木公園以外見当たらないエリアだったけれど、それなりに隙間を利用して子供たちは遊んだ。

表参道そば花屋のみどりちゃん家。ビルで連なる現在のメーンストリートとは程遠く、木造二階建てで、家は傾いていつ崩れてもおかしくなかった。暗くて、お花の水でじめじめして入るのも怖くて。

キャットストリートでは腹巻をした八百屋のおっちゃんが威勢のいい声で買い物かごのお母さんを呼び込んで「3つで400円!」とか値段の交渉してる。

スケボーが流行りだしてて歩行者天国では青山の表参道からキディランドまでジェットコースターみたいにガンガン滑りまくった。
お巡りさんも見て見ぬふりしてくれて。

ホントに狭いスケボーショップ(STORMY)でデッキテープを貼ってくれた無精髭のお兄さん。スケボー頑張れよと声かけてくれて。

人間絡みのあるわくわくする原宿。

原宿は徐々に都市開発で不動産が土地を競って買い占め出し、街の噂は「表参道の自転車屋は1億円で土地を売ったらしい。」とか、「うちはウン十年ローンでビル建てる!」と不動産屋の作戦に伸るか反るかで明暗を分けた。
古い建物は地上げの嵐。
空き地になってはあっという間にビルが建っていった。

つい先日、青山に児童相談所が出来る出来ないでもめていたけれど、あの時代に建てていれば何の問題もなかったろうに、、、と時代の変化っていうものは本当に怖いものだ。

いつの時代も”やんちゃ”な子供達はいたはずだし、これからも大人にも、子供にも楽しいエネルギーある街となってくれたらなと願う。

長々…書いちゃったぜ

文:mimi

1 / 11

Please reload